何とか自力で修理に挑む

投稿者: | 2016年12月5日

我が家では、当たり前の事なのですが……

家電や家の中のトラブルは自力でなんとかする!という事。ドラム式洗濯機乾燥機も手がけましたし!

では、他にどんなトラブル解決があったのかと言いますと、

トイレの水周りのトラブル!

 

普通トイレを流したら、タンクの水は数十秒で満タンになるように水量が調整されていると思うのですが、

うちの場合、水を止めなければならないパーツがダメになってしまって、水圧を上げるとタンクから

水が噴き出し、辺り一面水浸しになるため水圧を下げて静かに~静かに~水を溜めなければなりませんでした。

ですから、連続でトイレを使用する事が出来ない!!

 

もう……トイレのペースに自分が合わせるしかないと言う、悲しい生活をしばらく送っていたのです。

業者に頼めば出張料も取られたりして、数千円から一万円仕事になるのかしら?

そんなこと……出来れば避けたい。ちょこちょことっとやって直るなら直って〜と思っちゃいます。

でもうちのトイレ、TOTOのウォシュレット、かれこれ20年クラスの古い型のもの。

 

image

 

部品交換が必要と言われたら、物がない可能性だってある訳で…。

ダメ元で近所の水道屋さんに声かてみると……

何と!!

パーツありますよ!との事(嬉)値段も、千円しない(数百円)くらいだったので、即購入しました。

家に戻り、元栓を止めてからトイレのタンクを開けてみました。

image

この真ん中少し上に見える浮きが上がってくると、水を止めるようにしている箇所。

さらに、白いキャップをクルクル回して開ける。

image

黒いゴム製の部分ここ!(ダイヤフラムというらしい)が劣化して水漏れの原因に!

本当にこれだけ交換で済むんだろうかと不安に思いつつも、新しいゴム弁を設置し、タンクを閉めて……

水を流してみる。。。。

 

待つ事30秒くらいだったでしょうか……。

と、止まった!水を程よい水量で流しても噴き出して来なくなりました!

 

やりました。今回もミッションコンプリート!

 

ちなみに、TOTOの型番SH91BAでも、このゴム製のパーツは合うそうです。

ご参考までに!

 

※同じように修理される場合は、自己責任においてお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です